様々なローンについて~多目的ローン・教育ローン・カードローンの違いは?

【多目的ローン】
ローン商品の中には、多目的ローンと呼ばれている商品があります。この多目的ローンも、ローンの利用を考えているのであれば、是非とも利用を検討したいものです。では、多目的ローンは、一体どんな特徴を持っているでしょうか。

このローンの特徴は、色々な利用目的に合わせてローンを利用できることにあります。ローンの中には、特定の目的を前提として利用できるものがありますが、自動車ローンや教育ローン、住宅ローンはその類になります。

しかし、特定の目的とは言えども、これらの目的以外の目的が全くないということはありません。これ以外の目的でローンを利用したいと考えている方も、中にはいるのです。

例えばですが、結婚式を挙げたいのだが、資金が足りないとか、あるいは大切な人が亡くなったので、その人の葬式の費用がどうしても必要というケースもあります。いづれにしても、目的が色々とあることを前提としている金融商品であることには変わりないのです。

多目的ローンの場合、他の目的ローンと違って、申し込みの段階で用途が固定されているわけではありません。しかし、元々ローンを利用する目的が明確ですから、金融機関によっては、金利が通常よりも安くなることだって考えられるのです。

金利がどのように決まるかについては、金融機関の裁量次第ですが、色々と交渉した結果、金利が安くなったということもあるので、この点については粘って交渉してみる価値は十分にあります。
【教育ローン】
子供に教育を受けさせることを考えた場合、それなりの費用がかかるのは、容易に想像ができます。

小学校、中学校、高校はもちろんのこと、今の時代では大学まで進学することが前提と考えられていますから、費用も莫大なものになります。

もし全ての過程において国立や公立の学校を選んだとしても、決して学費が安くなるわけではありません。また、一般的な教育とは別に、習い事などをする場合も、教育ローンを利用する機会として挙げられます。習い事も、ものによってはかなりの費用がかかるからです。

だからこそ、こういうシチュエーションでは教育ローンを上手く活用したいところですが、この教育ローンは、一体どんな特徴があるでしょうか。

この教育ローンは、あくまでも教育という点に特化した商品です。つまり、フリーローンとは違い、申し込みの段階で明確な目的があることが言えるのです。

そのため、ただ何となくローンを使うということではないので、その分金利もある程度は優遇することができるのです。どんなローンでも、金利がつくのはネックになるので、その部分が安くなるのは、非常にありがたいことなのです。

そして、教育ローンを担当するスタッフの方は、教育ローンの知識が豊富で、それこそ様々なアドバイスをすることができます。教育ローンを利用している方の中には、教育ローンの利用自体が初めてという方も、決して少なくありません。

そういう場合、教育ローンの利用に関して、どこか戸惑いを感じてしまうこともあるのです。やはり各ローン会社によってな商品内容が違ってくるので、どこがいいのか悩んでしまいますもんね。

利用前はじっくりと考えてから申込みするように心がけましょう。
【カードローン】
使い道自由にお金を借りるなら、カードローンを利用するといいでしょう。カードローンの場合は、生活費や交際費などどのような時でも活用する事が出来ますよ。

ちなみに、利用条件としては、「20歳以上で収入がある方」というのが基本的な条件となっています。

アルバイトやパートの方でもOKなので、主婦の方でも利用する事が出来ますよ。
主婦キャッシング※収入のない専業主婦でもお金を借りれる

カードローンは使用用途が自由となっているので、ローンの中でも最も利用しやすくなっていると思います。

Leave a Comment